神奈川のセックスパートナー作りはドライに迫ろう

seihuku
セックスパートナーを作ると聞くと、やったことのない男性の中にはそんなこと本当に出来るのか、と思ってしまう男性もいそうですね。

実はセフレ作りは、考えているより難しくなく出来てしまうことが多いのです。

今までの一般常識的なオンナハンティングとしては、オンナをハメようとするならまずは合コンなどの場で相手を見つけることになります。

しかしセフレとなれば、大勢がいる中で相手を探すというのは中々やりにくいもの。

合コンなどは交際や恋愛をするためのものが一般的ですからね。

ではやれる女はどうやって見つけるのかといえば、出会い系サイトやセックスパートナー募集サイトなど、ネット上で相手を見つけるというのが一番効率的なのです。

ネットでの知り合いということでやはり時間もかかるというデメリットがありますが、出会いの時間や人数の制限などもありませんし、より割り切って関係を楽しめるというメリットがあります。

ムスコが元気でヤリたいさかりだという男性は特に、やられたい女を活用すればいつでもハメる事ができるのは嬉しいですよね。

とはいえセックスパートナー作りには、地方によって色々な攻略法を考える必要があるのです。

例えば、神奈川県のオンナは割りとドライな所がありますから、攻略もやはりドライに迫っていくのが効くようですね。

セフレになるのかどうか煮え切らない態度を続けるよりも、ある程度メール交換をした後はセックスパートナーにならない?とズバリきいたほうがいいようです。

セックスしようよ、と送れば、じゃあしよっか、とアッサリOKを貰うこともありますから、

うだうだ悩むよりは迫ってみるのがいいかもしれませんよ。

割り切ったお付き合い

senakaセックスパートナーとの関係で暗黙のルールがありますが、それはお互いに「割り切ったお付き合い」であるということです。ですから、必要以上にお互いのプライベートな部分にも触れませんし、べたべた仲良くするということもありません。

こういったセックスパートナを容認しない人たちも世の中にはいます。人の価値観はそれぞれですからね。こんな人たちは「セックスは愛し合ってこそ!」という考え方が根本にありますので、セックスパートナは到底認めることができないのでしょう。

セックスパートナは「割り切ったお付き合い」と言いましたが、そういった関係になれない人間もいるものです。
たとえば最初は気楽なお遊びと思っていたのに、次第に相手に惹かれてしまい、真剣に交際をしたいと思うようになる、こんなケースですね。

意外に女性に多いのですよ、このタイプは。

女性の場合、セックスを重ねるうちに気持ちも体も満たされてしまい、この人でないとダメ!って思い込んでしまうようですね。

男性の場合には、本能的な部分もあるのかもしれませんが、真剣な交際は避ける傾向ですね。本能というのは、動物の♂の本能です。つまり多くのやれる女とセックスをすれば、より多くの子孫を残せるということですね。

ですから、子供を作るうんぬんは置いておいても、恋人・妻以外ともセックスをしたい、というのは本能に忠実であるということにもなります。

また若い子に興味を持つのも「若ければ、子供もたくさん産める」という本能が影響しています。

セックスパートナの間で、お互いに割り切ったお付き合いができるかどうかは、お互いがセックスパートナをどう捉えているか、という部分で決まるのかもしれませんね。

常にお互いの気持ちや考えを把握しておくことが大切になってくると思います。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ